トップ > ブログ > 農作業 > シナノリップ🍎

BLOG

シナノリップ🍎

2018.08.08

立秋を過ぎ、一昨々日と昨日とひと頃の暑さは和らいだ信州中野です。しかし、まだしばらくは真夏日が続くとのことなので、無理をしない程度に作業を進めていきたいと思います。

この夏、長野県果樹試験場が育種したりんごのシナノリップがデビューしました。このシナノリップは甘みが特徴の千秋と、酸味が強いシナノレッドを交配して育成し、今年の2月9日に品種登録された夏りんご期待の新品種です。特徴は果汁が多く、みずみずしい。甘さと酸味のバランスが良い。などの優れた特徴を備えています。主に長野県内と東京、大阪方面に出荷されるとのことで、スーパー等で見かけたら、ぜひお手に取ってみてください。我が家でもこのシナノリップを育てています。来年以降の収穫予定なのでもうしばらくお待ちくださいませ。

それに先立ち、6日には県果樹試験場でシナノリップの品種検討会が行われ、参加して来ました。県内各地域から生産者が集まり、品質状況や栽培管理での課題などが寄せられました。また、試食会も行われ、標高差による着色や日焼け、糖度の状況、食感などなど、自らの目と舌で確認することが出来ました。正直、味にバラつきがあったのは事実で、私たちが出荷する際は食味をしっかり行い、適期に皆様にお届けできるように心がけたいと思います。

最後にお知らせを一つ。信州中野つどい農園のフェイスブックのページを作りました。まだ手探りの状態なので寂しい感じは拭えませんが、これから収穫に向け、皆様の「いいね👍」の後押しを頂いて盛り上げていければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


FRUITS
つどい農園のフルーツ

  • ぶどう
    ぶどう
    北信州にあるぶどうの一大産地の中野市で、シャインマスカット、ナガノパープル、種なし巨峰、ピオーネ、バイオレットキング、黄華、黄玉、クイーンニーナ、クイーンルージュ、マスカ・サーティーンを栽培しています。
    育成状況:来年へ向けて準備中
  • 完熟生プルーン
    完熟生プルーン
    ミラクルフルーツと呼ばれるプルーン。完熟した生プルーンの驚くべき甘さをご堪能ください。
    育成状況:来年へ向けて準備中
  • りんご
    りんご
    ふじ、シナノゴールド、ムーンルージュ、なかののきらめき、いろどり、シナノリップ、紅玉を栽培しています。
    育成状況:来年に向けて準備中
ジャム

ジャム

材料はぶどうの他に砂糖と国産(広島県産)レモンの果汁のみを使用しました。

ほしぶどう

ほしぶどう

生で食べても美味しい完熟ぶどうだけを贅沢に使用しました。

つどい農園のフルーツ