トップ > ブログ > 農作業 > 4度目の冬

BLOG

4度目の冬

2017.12.03

先日の木曜日、とある取材がありました。来月に記事になるとのことで、また掲載されましたらお知らせしたいと思います。

りんごの畑ではトレリス(支柱棚)の設置工事が進んでいます。隅柱と中柱も建て終わりました。

プルーンの畑と三角の畑に堆肥を入れました。今回はいつものコーンコブ堆肥(きのこ廃培地堆肥)に自家製の納豆菌液肥を加え、良質な堆肥を投入しました。土に栄養分をたっぷり入れたので、数年後には美味しい実を付けてくれると思います。

また、お宮の畑ではぶどう棚の補修作業を進めています。第一段階の隅柱などの補強は完了し、第二段階のマスト(吊り線)支柱の撤去作業に移りました。この支柱は何本かは傾いているので、それを取り外すため、まずは棚線に繋いである吊り線を切る作業をしました。そこでトラブルが発生!吊り線を切っていると支柱が倒れ始め、二人で支柱を支えるのも限界があり、たまたま隣のりんご畑で収穫作業をしていた農家さんに助けを求め、なんとか大惨事には至りませんでした。明日、また農協の技術員さんに作業の進め方を今一度相談したいと思います。

早いもので2017年も残り一ヶ月を切り、中野市に移って4度目の冬を迎えます。この冬は作業の合間を縫って出稼ぎバイトに出ます。いろいろとわちゃわちゃしそうな冬になりそうですが、病気や怪我には十分注意し、4度目の信州の冬を楽しみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


FRUITS
つどい農園のフルーツ

  • ぶどう
    ぶどう
    北信州にあるぶどうの一大産地の中野市で、シャインマスカット、ナガノパープル、種なし巨峰、ピオーネ、バイオレットキング、黄華、黄玉、クイーンニーナ、クイーンルージュ、マスカ・サーティーンを栽培しています。
    育成状況:来年へ向けて準備中
  • 完熟生プルーン
    完熟生プルーン
    ミラクルフルーツと呼ばれるプルーン。完熟した生プルーンの驚くべき甘さをご堪能ください。
    育成状況:来年へ向けて準備中
  • りんご
    りんご
    ふじ、シナノゴールド、ムーンルージュ、なかののきらめき、いろどり、シナノリップ、紅玉を栽培しています。
    育成状況:来年に向けて準備中
ジャム

ジャム

材料はぶどうの他に砂糖と国産(広島県産)レモンの果汁のみを使用しました。

ほしぶどう

ほしぶどう

生で食べても美味しい完熟ぶどうだけを贅沢に使用しました。

つどい農園のフルーツ