トップ > ブログ > 農作業 > ぶどうコンクール表彰式

BLOG

ぶどうコンクール表彰式

2017.12.06

今朝の自宅前。昨晩から雪が降り始め、一晩で7、8㎝積もりました。しかし、日中は晴れてこの雪もすぐになくなりました。

昨日、JA中野市ぶどう部会の生産者反省会が行われ、この一年のぶどうの生育状況(気象や病害中の発生状況)を振り返りました。今年は7月から8月にかけて曇りや雨の日が多く、病気も多発し、ぶどう農家にとっては課題の多い一年となりました。来年はこれを教訓として、適期作業を心掛けるなど防除対策を徹底したいと思います。

また、生産者反省会の中で9月に行われたぶどうコンクール(9/22のブログを参照)の表彰式も行われました。我が家は種なし巨峰の部で優良賞を受賞し、賞状を受け取りました。またこれを励みに、来年も皆様に喜ばれるぶどうを作りたいと思います。

ちなみにJA中野市ぶどう部会はこの秋、内閣総理大臣賞を受賞しました。会場入り口前に賞状と記念品が置いてありました。

そして今日は午後から小布施でぶどうの剪定講習会が行われるということで、行ってきました。講習園地となったのは、農大研修部時代に週一回の農家研修で通っていた場所。久しぶりに園主の方にも会えて挨拶が出来ました。講習会では短梢剪定の他に、中梢剪定やロケット仕立て剪定のポイントなど、実践を交えて分かりやすく説明していただきました。ベテラン農家から若手農家が数多く参加していて、こちらの地域(須高地域)もぶどう栽培が盛り上がっているんだなぁと実感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


FRUITS
つどい農園のフルーツ

  • ぶどう
    ぶどう
    北信州にあるぶどうの一大産地の中野市で、シャインマスカット、ナガノパープル、種なし巨峰、ピオーネ、バイオレットキング、黄華、黄玉、クイーンニーナ、クイーンルージュ、マスカ・サーティーンを栽培しています。
    育成状況:来年へ向けて準備中
  • 完熟生プルーン
    完熟生プルーン
    ミラクルフルーツと呼ばれるプルーン。完熟した生プルーンの驚くべき甘さをご堪能ください。
    育成状況:来年へ向けて準備中
  • りんご
    りんご
    ふじ、シナノゴールド、ムーンルージュ、なかののきらめき、いろどり、シナノリップ、紅玉を栽培しています。
    育成状況:来年に向けて準備中
ジャム

ジャム

材料はぶどうの他に砂糖と国産(広島県産)レモンの果汁のみを使用しました。

ほしぶどう

ほしぶどう

生で食べても美味しい完熟ぶどうだけを贅沢に使用しました。

つどい農園のフルーツ