トップ > ブログ > 農作業 > ぶどうの房切り作業

BLOG

ぶどうの房切り作業

2018.05.31

今週から種なし巨峰の房切り作業に入りました。房切りとは状態の良い花穂を選び、2.5㎝から3㎝の長さに切り整えていく作業です。1枚目が房切りする前、2枚目が3㎝ほどに切り整えた花穂です。これを何千房または何万房と手作業でやらなければいけないので、ぶどうの作業の中でも手間のかかる作業の一つとされています。

その初日には中野市地域おこし協力隊の皆さんに来てもらい、お手伝いをしていただきました。皆さん房切り作業は初めてということでしたが、だんだん慣れてくるとペースも上がって、熱心に作業をしていただきました。暑い中ほんとうにありがとうございました。

生育ステージは平年より一週間ほど早く進んでおり、いろいろな作業が前倒しとなっています。これからぶどう農家は超繁忙期。病気や怪我に気をつけて励んでいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


FRUITS
つどい農園のフルーツ

  • ぶどう
    ぶどう
    北信州にあるぶどうの一大産地の中野市で、シャインマスカット、ナガノパープル、種なし巨峰、ピオーネ、バイオレットキング、黄華、黄玉、クイーンニーナ、クイーンルージュ、マスカ・サーティーンを栽培しています。
    育成状況:収穫&出荷作業開始!
  • 完熟生プルーン
    完熟生プルーン
    ミラクルフルーツと呼ばれるプルーン。完熟した生プルーンの驚くべき甘さをご堪能ください。
    育成状況:サンタス収穫終了!たくさんのご注文ありがとうございました!
  • りんご
    りんご
    ふじ、シナノゴールド、ムーンルージュ、なかののきらめき、いろどり、シナノリップ、紅玉を栽培しています。
    育成状況:摘果完了!
ジャム

ジャム

材料はぶどうの他に砂糖と国産(広島県産)レモンの果汁のみを使用しました。

ほしぶどう

ほしぶどう

生で食べても美味しい完熟ぶどうだけを贅沢に使用しました。

つどい農園のフルーツ