トップ > ブログ > 振り返り > 2022年も感謝の一年

BLOG

2022年も感謝の一年

2022.12.30

2022年も残すところあと一日。私たちがこの中野市へ来たのは2015年12月16日。大雪の中、引っ越しをしたことを今でも鮮明に覚えています。あれから丸7年が経過しました。今思うことは「よくやってきたなぁ」です(笑)縁もゆかりもない土地で、東京で普通に暮らしていた夫婦が、ゼロから農業を始めてここまでやってこれるなんて…当人たちが一番驚いております。いろいろな巡り合わせもありましたが、人との出会いがここまでこれらた一つの重要な要素だと感じています。ここまでやってきて、農業とはと聞かれたら、「農業とは人と関わること」と答えます。農業は一人(家族)で黙々と作業するイメージがあるかもしれませんが、確かに繁忙期になるとそんな毎日がほとんどです。しかし、地域社会(コミュニティ)に参加しなければ、農家としてやっていくのは大変難しいかと思います。私たちも移住してからは村の集まりには積極的に顔を出すように心がけました。そこで私たちのことを知ってもらい、その村(地域)のことを学ぶことで、特性を知り、農家としてまたは移住者として私たちはどう振る舞えばよいか学んだり、助言をいただくことが出来ました。私たちは人見知りで、初めて会う人とお話しするのは得意ではありませんが、人と関わることで新たな発見や気づき、自分たちの成長に繋がるヒントを頂くことが出来ました。移住してから、そして就農してからたくさんの人たちとの出会いがあり、支えられ、人の繋がりの不思議さを知ったこの7年間。これからもこのご縁を大切にしていきたいと思います。最後となりましたが、2023年も変わらずご愛顧を賜りますよう宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


FRUITS
つどい農園のフルーツ

  • ぶどう
    ぶどう
    北信州にあるぶどうの一大産地の中野市で、シャインマスカット、ナガノパープル、種なし巨峰、ピオーネ、バイオレットキング、黄玉、クイーンニーナ、クイーンルージュ、マスカ・サーティーンを栽培しています。
    育成状況:藁巻き完了!
  • 完熟生プルーン
    完熟生プルーン
    ミラクルフルーツと呼ばれるプルーン。完熟した生プルーンの驚くべき美味しさをご堪能ください。
    育成状況:藁巻き完了!
  • りんご
    りんご
    ふじ、シナノゴールド、ムーンルージュ、なかののきらめき、いろどり、シナノリップ、紅玉を栽培しています。
    育成状況:白塗剤塗布完了!
ジャム

ジャム

材料はぶどうの他に砂糖と国産(広島県産)レモンの果汁のみを使用しました。

ほしぶどう

ほしぶどう

生で食べても美味しい完熟ぶどうだけを贅沢に使用しました。

つどい農園のフルーツ