トップ > ブログ > 農作業 > まごころふれあい農園

BLOG

まごころふれあい農園

2018.12.13

一昨日、NJ仲間がいる「まごころふれあい農園」さんにお邪魔して来ました。場所は中野市から車で1時間半ほどの所にある長野市の中条村です。まごころふれあい農園さんは有機農法(無農薬、無化学肥料)で野菜を栽培していて、その土作りを学ぶため訪れました。畑からは北アルプスが間近に見えて最高のロケーション🏔まごころふれあい農園さんの野菜は病気や害虫の被害がほとんどないとのこと。その理由をお聞きしたら「土に良い微生物や菌がいるから野菜も病気になりづらいし、害虫も寄って来ない。その上で綺麗な野菜が収穫出来る」とのこと。やはり一番の要は土にあるそうです。これを私たちの果樹栽培に活かすとなるとまた難しい部分も正直かなりあります。でも、苗の植え付け場所を環境の良い土壌にすれば病気に強い木に育つかもしれません。私たちにも出来そうな菌作り方法がいくつかあったので、試してみたくなりました。みんなで記念撮影📷。畑に植えてあったほうれん草や小松菜など、ちぎって味見をさせてもらいましたが、甘くて美味しかった〜。無農薬無化学肥料で栽培しているので、その場で食べても安心感がありました。まごころふれあい農園さんもここまで来るのに20年ほどかかったそうです。私たちはまだ駆け出しの身。いろんな所に出向いて、たくさん踠いて汗をかいて、試行錯誤を繰り返しながら、品質の良い美味しい果物を皆さんにお届けしたいと思っています。

昼食もご馳走になり、信州の家庭の味でどれも本当に本当に美味しく、大満足。理恵さんはレシピを教わり、帰って早速作っていました(^^)

まごころふれあい農園さんの野菜が気になった方はぜひホームページをチェックしてみてください↓↓↓

https://www.magokoro-fureai-farm.com/

まごころふれあい農園さん、お忙しい中ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


FRUITS
つどい農園のフルーツ

  • ぶどう
    ぶどう
    北信州にあるぶどうの一大産地の中野市で、シャインマスカット、ナガノパープル、種なし巨峰、ピオーネ、バイオレットキング、黄華、黄玉、クイーンニーナ、クイーンルージュ、マスカ・サーティーンを栽培しています。
    育成状況:剪定完了!
  • 完熟生プルーン
    完熟生プルーン
    ミラクルフルーツと呼ばれるプルーン。完熟した生プルーンの驚くべき甘さをご堪能ください。
    育成状況:発芽しました!
  • りんご
    りんご
    ふじ、シナノゴールド、ムーンルージュ、なかののきらめき、いろどり、シナノリップ、紅玉を栽培しています。
    育成状況:発芽しました!
ジャム

ジャム

材料はぶどうの他に砂糖と国産(広島県産)レモンの果汁のみを使用しました。

ほしぶどう

ほしぶどう

生で食べても美味しい完熟ぶどうだけを贅沢に使用しました。

つどい農園のフルーツ