トップ > ブログ > 晩秋から初冬へ

BLOG

晩秋から初冬へ

2019.11.04

11月最初の3連休、いかがお過ごしでしょうか。こちら信州中野はまずまずの天気となり、行楽日和となりました。我が家のぶどう畑も葉が黄色化してきて、ぼちぼちと落葉し始めております。

ぶどうの葉の黄色化

ぶどうの木たちも冬支度の準備に入ってきたと思われます。季節は晩秋から初冬へ移り変わろうとしています。

そんな中、去年剪定したぶどうの枝を燃やしました。今年の剪定枝の置き場を作るため、ちゃんちゃん(たくさん)と燃やしました。山ほどある枝はカラカラに乾いていて、風もほどよくあり、よおく燃えました。

炭にして、消雪剤代わりに使ったり、土壌改良材として畑に返します。空き時間があったら、焚き火時間にして、剪定が始まるまでに決まりにしたいと思います。

そして、昨日今日と理恵さんが参加しているNj北信が小布施にある温泉施設の「あけびの湯」にて、マルシェを行いました。長野市豊野町にある系列温泉施設の「りんごの湯」が先の台風19号で被災してしまい、今だ再開出来ていない状況です。こちらにも「Nj北信コーナー」を設けさせてもらい、日頃から大変お世話になっていて、メンバーが何か出来ることはないか模索して、今回のマルシェを急遽開催いたしました。

  

その呼びかけに、我が家も参加させてもらい、シナノゴールドと専用の冷蔵庫に保管していたナガノパープルを粒にしてパック詰めしてお届けさせてもらいました。Nj北信はこのマルシェの売上の一部をりんごの湯への義援金として寄付させていただき、一日も早い営業再開に向け協力していくとのことです。

今年は気象災害の多い年で、全国各地で被害の爪痕が残っている地域がたくさんあります。皆様もお近くでこうした地域の品物がありましたら、可能な範囲で購入していただき、応援していただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


FRUITS
つどい農園のフルーツ

  • ぶどう
    ぶどう
    北信州にあるぶどうの一大産地の中野市で、シャインマスカット、ナガノパープル、種なし巨峰、ピオーネ、バイオレットキング、黄華、黄玉、クイーンニーナ、クイーンルージュ、マスカ・サーティーンを栽培しています。
    育成状況:来年へ向けて準備中
  • 完熟生プルーン
    完熟生プルーン
    ミラクルフルーツと呼ばれるプルーン。完熟した生プルーンの驚くべき甘さをご堪能ください。
    育成状況:来年へ向けて準備中
  • りんご
    りんご
    ふじ、シナノゴールド、ムーンルージュ、なかののきらめき、いろどり、シナノリップ、紅玉を栽培しています。
    育成状況:収穫してます
ジャム

ジャム

材料はぶどうの他に砂糖と国産(広島県産)レモンの果汁のみを使用しました。

ほしぶどう

ほしぶどう

生で食べても美味しい完熟ぶどうだけを贅沢に使用しました。

つどい農園のフルーツ