トップ > ブログ > 農作業 > 房切り完了

BLOG

房切り完了

2019.06.18

いつのまにか6月も半分を過ぎて、時間の早さに驚いている今日この頃です。農作業の忙しさのおかげで、このブログも疎かになっております。

今月はぶどう作業がメインで、房切り(花穂整形)が今日までに終了しました。房の形(大きさ)を決める大事な工程で、品種によって異なりますが、だいたいこの時点で3.5㎝程度に切り詰めます。写真の房はシャインマスカットで、これを満開期までに終わらせないといけないので、スピードも求められます。なので、朝は4時に起床し、4時半には畑に出て朝飯前の作業をして、夕方は手元が見えなくなる(19時過ぎ)まで毎日目一杯働いています。もちろんこの時期は雨の日も関係なく畑に出て、何千という房を相手に手を動かしていました。その間にも防除や草刈り、高接ぎや誘引などなど、特に今月前半の8日連続の早朝防除はシビれました😓と、作業日誌を振り返るといろいろありましたが、今年はほぼ2人でおよそ90aのぶどう畑の房切り作業をやりきりました。この後はジベ処理(種なしにするためのホルモン剤に浸漬処理)をして、摘粒作業に入ります。体のあちこちが痛くなったりして、体力的にかなりしんどいですが、あーだこーだ言いながら2人で協力して、乗り切りたいと思います。

最後に川の畑でキツネと遭遇😳 早起きは三文の徳と言いますが、早朝の畑ではいろいろな出会いがあります(笑)

"房切り完了"への 2 件のコメント

  1. 都筑康秀 より:

    ご無沙汰です。大変な作業お疲れ様です。
    この結果があの美味しいブドウなのですね。
    今年も楽しみにしています。

    • 管理人 より:

      都筑さんお久しぶりです。コメントありがとうございます。
      美味しく出来る予感がヒシヒシとしていますので、
      楽しみにお待ちくださいませ(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


FRUITS
つどい農園のフルーツ

  • ぶどう
    ぶどう
    北信州にあるぶどうの一大産地の中野市で、シャインマスカット、ナガノパープル、種なし巨峰、ピオーネ、バイオレットキング、黄華、黄玉、クイーンニーナ、クイーンルージュ、マスカ・サーティーンを栽培しています。
    育成状況:来年へ向けて準備中
  • 完熟生プルーン
    完熟生プルーン
    ミラクルフルーツと呼ばれるプルーン。完熟した生プルーンの驚くべき甘さをご堪能ください。
    育成状況:来年へ向けて準備中
  • りんご
    りんご
    ふじ、シナノゴールド、ムーンルージュ、なかののきらめき、いろどり、シナノリップ、紅玉を栽培しています。
    育成状況:来年に向けて準備中
ジャム

ジャム

材料はぶどうの他に砂糖と国産(広島県産)レモンの果汁のみを使用しました。

ほしぶどう

ほしぶどう

生で食べても美味しい完熟ぶどうだけを贅沢に使用しました。

つどい農園のフルーツ