トップ > ブログ > 日常 > 就農7年目を迎えて

BLOG

就農7年目を迎えて

2022.04.01

2016年4月から農家となり、昨日で丸6年が経過しました。今日から就農7年目に突入です。また、長野県に移住して9年目となり、長くも感じたり、あっという間に感じたり、とにかく無我夢中だったというのが正直なところです。農業は奥がとてもとても深いので、現状に満足することなく、この先も無我夢中という思いでやっていくと思います。
「見ず知らずの土地に移住し、そこで農家になる」今思い返すとなかなかのことをやったなという思いがします。当時の周りもそんな簡単にいくはずはない、上手くいく保証はないなど半信半疑に感じたことでしょう。でもそれは他人の概念であってそんなに気にしませんでした。それより私たちのやることに集中。移住就農について出来る限りの準備と勉強をし、そして、成功するイメージを描いて、あとはそれに向けて一心不乱に励むのみでした。信念と情熱を持ち、謙虚な姿勢で臨んでいくと自分たちでも信じられない流れを引き寄せ、恵まれた土地(環境)で就農し、思い描いた形に少しづつですが近づいています。もちろん私たちだけでここまで来ることは出来ませんでした。家族が私たちの思いを理解してくれて支えてくれたおかげで今こうして過ごすことが出来ています。本当にありがたいことだと常々感じています。
2022年シーズンも愛情をたっぷり込めた美味しい果物を作りますので、どうぞお楽しみに。
最後に園主が大好きな歌の歌詞の一部を紹介します。
「完璧に見える人も みな見えないところで 青筋たてて苦しんでる 何かに向かい 手をのばし もがいてるその姿 それこそがパーフェクトなライフ」
皆様の笑顔溢れる果物を作るため、一生懸命もがいて、試行錯誤して、パーフェクトな日々を過ごしていければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


FRUITS
つどい農園のフルーツ

  • ぶどう
    ぶどう
    北信州にあるぶどうの一大産地の中野市で、シャインマスカット、ナガノパープル、種なし巨峰、ピオーネ、バイオレットキング、黄玉、クイーンニーナ、クイーンルージュ、マスカ・サーティーンを栽培しています。
    育成状況:熟成期
  • 完熟生プルーン
    完熟生プルーン
    ミラクルフルーツと呼ばれるプルーン。完熟した生プルーンの驚くべき美味しさをご堪能ください。
    育成状況:間もなく収穫
  • りんご
    りんご
    ふじ、シナノゴールド、ムーンルージュ、なかののきらめき、いろどり、シナノリップ、紅玉を栽培しています。
    育成状況:摘果作業中!
ジャム

ジャム

材料はぶどうの他に砂糖と国産(広島県産)レモンの果汁のみを使用しました。

ほしぶどう

ほしぶどう

生で食べても美味しい完熟ぶどうだけを贅沢に使用しました。

つどい農園のフルーツ