信州中野 つどい農園

ブドウ・リンゴ・プルーンを栽培している果樹農家です

梅雨明け間近

先週の時点でぶどうの笠かけまで終了し、時間に追われる作業はこれでひと段落しました。

今週に入り、プルーンのアーリーリバーという品種がいよいよ熟してきたので食味用で収穫をしました。食べてみると甘みと適度な酸味があり、爽やかな味。また、ジャムにすると綺麗な赤色に仕上がるので、近々そのジャムを理恵さんが試しに作るそうです。

そして昨日、そのアーリーリバーを中野市内の農産物直売所「いきいき館」に初めて出荷して来ました。まだ収量が少ないため、たくさんは出荷出来ませんが、樹上完熟してきたものから随時出荷していきたいと思います。「いきいき館」にお越しの際はぜひチェックしてください。他にも「いきいき館」ではプラムやネクタリン、早生の桃やブルーベリーなど初夏の果物が並び始めてきました。この夏休みは果物王国の信州中野へぜひお越しください!

次の写真はりんごのシナノリップ。玉肥大が進み大きくなりました。こちらは来月中旬頃の収穫予定となっています。

最後に現在のぶどうたち。上から種なし巨峰、ナガノパープル、シャインマスカット。今年の梅雨は雨を多くもらって、粒肥大はかなり進みました。近々、梅雨明けされる見込みなので、太陽さんの光をたくさん浴びてもらって、着色も進んでほしいと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です